MMFって何?本当に稼げるの?という疑問にお応えするサイトです。

トップページ > 外貨MMFで賢く稼ぐプラス > 外貨MMFで注意したいリスク

外貨MMFで注意したいリスク

為替変動リスクと価格変動リスク

外貨商品にとって避けては通れないのが為替変動リスクです。為替変動リスクとは、毎日変動する為替により生じるリスクです。ときには急激に為替が変動することもあり注意が必要となります。

たとえば外貨MMFを購入したときよりも急激に円相場が変わると、損失をこうむることにもなりかねません。また、もうひとつ忘れてはならないのが価格変動リスクです。価格変動リスクとは投資した金融商品の価格が変わることをいいます。急激な価格変動が生じると、当初期待していたリターンが得られない可能性があります。

カントリーリスク

カントリーリスクとは投資対象国の政治や経済、社会的環境が急激に変化することで収益を損なうリスクのことをいいます。とくにアフリカや中南米、一部のアジア諸国などの新興国ではカントリーリスクが高めに設定されています。

たとえば投資家に人気のある南アフリカの通貨ランドも外貨MMFの利回りが高めに設定されている場合がありますが、これもカントリーリスクを考慮した結果となっています。その国の政治状況などにたえず注意する必要があります。

信用リスクと流動性リスク

信用リスクとは債務者が債権を履行できなくなるリスクのことをいいます。「デフォルトリスク」とも呼ばれています。外貨MMFの投資対象となる外国債や社債などの債権も信用リスクによっては損失をこうむる可能性がありえます。

この信用リスクについては格付機関によって信用格付けがなされているので、投資家にとってもおおよその目安になるでしょう。もう一点、投資にあたって注意が必要なのが流動性リスクです。流動性リスクとはマーケットの取引量が少ないため債権などを換金しようと思っても、すぐに換金できなかったり、希望した価格で売れなかったりするリスクのことをいいます。

市場で売買される量が極端に少なくなったり、市場の大暴落や戦争、災害などで突然取引できなくなるような場合に起こりえます。